さっぱり鶏スープの素と肉味噌
0


    写真は酸辣湯...なのですが、今回はその素になる鶏のスープ。
    若鶏の胸肉の挽肉を使うので、実にさっぱり。
    ガラを使ったときのようにギドギドの脂がでることもなく、カロリーも多分低め。

    [材料]
    若鶏の胸肉の挽肉 500g
    昆布出汁(水出し) 1.5L
    青葱 1本分
    生姜(皮付きをスライス) 1片分

    材料全てを鍋に入れて中火に掛け、沸騰したら弱火にして、灰汁は引かずに15〜20分程度で火を止める。
    完全に冷めたら青葱と生姜を取り除く。

    これを使用して作るものが決まっていれば、それに合わせて軽めに塩で味付けしても。

    出汁に使った挽肉で、もう一品。

    [肉味噌]
    出汁に使った鶏挽肉 500g
    胡麻油 大さじ2〜3
    玉葱(みじん切り) 中1個
    生姜、にんにく(みじん切り) 各1片
    しめじ(粗めのみじん切り) 1パック

    味付け 
    赤みそ 大さじ3
    ナンプラー 大さじ1
    醤油 大さじ1
    紹興酒 大さじ2
    砂糖 大さじ1

    厚手の鍋に胡麻油を入れて中火に掛け、生姜、にんにく、玉葱を加えて5分程炒める。
    玉葱がしんなりとしてきたら、しめじを加えさらに3分程炒める。
    鶏肉を加えて全体を混ぜ合わせ、味付けの調味料を全て加えたら、水分がなくなるまで炒めて出来上がり。

    冷蔵保存で5日程度持ちます。

    鶏肉の旨味はスープに溶けてしまっていますが、タンパク質はたっぷり残っているので、玉葱やしめじ、発酵調味料類で旨味を足しています。赤みそも焼き付けた方が香ばしくなります。

    ご飯にかけても、戻した春雨と一緒に炒め直しても、麺にのせても、水切りしない豆腐と炒め直しても。

    わたしは、秋になってもまだまだ大好きな素麺で。
    麺つゆかけて、肉味噌のせて、白髪ネギをのせて、そして自家製ラー油をたらり。
    いただきま〜す♪



    酸辣湯は来年のレッスンのお楽しみ♪


     
    | congalli レシピ(常備菜) | 10:48 | comments(0) | - |
    | 1/1PAGES |